2010/05/23

水槽の出番がやってきた

10_0523_001

 休んだり復活してみたり、また休んだりと、昨年末(それ以前という説もあるが)から記事にするまでもないブリタニア生活をおくっておりました。
 パスワードを忘れたとか、そこまでドジっこではありません!(自爆w
 
 
 さてさて。
 次のパブリッシュでライフワークともいえる「園芸」に関する修正が入るようですね。
 
 
 大半の園芸家が当たり前のように利用してきた『無限ピッチャー』が無限でなくなってしまうということで、あちらこちらで色々と物議を醸しているようです。
 休み休みとはいえ細々と園芸しているわたしでも、なくなってしまうのはしんどいというのが正直な感想です。
 
 
 ただ、一つだけ言える事。
 それは「無限ピッチャーはバグ技でしかない」ということ。
 
 運営側がバグを修正するのは当然です。
 何故今まで修正されていなかったのか……そこに憤りを覚えるのもわかります。
 けれど、今までは見過ごして(あるいは気づかずに)いたことも、あるきっかけが元で修正せざるを得ない事態になれば、どんな小さなバグでも修正するのは当たり前ではないでしょうか?
 それがたまたま「今回」だったというだけなのではないでしょうか?
 
 
 来たる新パブリッシュのために、久しぶりに家に水槽を設置してみました。
 昔はどの家にも置かれていた水槽ですが、今改めて見るとなんとも味気ないですね。
 ガーゴイル式水槽とかエルフ式水槽とか、新しい水槽アドオンが出るといいなぁ。

|

2009/12/11

感謝祭 ~2009~

09_1209_001

 ブリタニア中に突然変異した七面鳥が出没するということで、やることも無い刺激を求めて調査依頼を引き受けてしまいました。
 巨大七面鳥を倒して分布を突き止め、巣にある卵を破壊しなければなりません。
 
 ただ、これは普段おひとり様で通しているわたしには辛い依頼でした。
 何せ突然変異で巨大化してしまっている所為で、何気ない蹴りも即死級のダメージになってしまいます。
 ただ音楽好きらしいという噂を聞き、昔とった何とやらでがんばってみました。
 
 
 

09_1209_002

 あの巨体で暴れる所為かなかなか完全な地図が出ませんでした。
 この分布図を完全にしないと依頼を完遂することができないのです。

 ひぃひぃ言いながらもやっと地図をつなぎ合わせ……。
 
 地図を頼りに調査してみると…………。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

09_1209_004

 なんということでしょう。
 よそ様のお宅の床下に巣があったんです。
 これって、孵化したら床下から崩壊しそうなんですが……(汗
 
 
 

09_1209_005

 結局また七面鳥を狩って新しい分布図を作り、ようやく調査終了となりました。
 長かった……ひたすら長かった_| ̄|○
 
 
 それにしても、今回のイベントは懐かしゅうございました。
 かつての「ヘイブンヤングトレハン」を彷彿とさせましたね~。
 またやってみたいです。
 (七面鳥は抜きでお願いします_| ̄|○w)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

真実は墓場まで

09_1208_003

 日頃からお世話になっている出雲・Umbraの酒場『双月亭』に怪文書が持ち込まれたとの事。
 営業ではない日にも関わらず、大勢のナゾスキー達が集いました。

09_1208_001

 テーブルの上には、その「怪文書」が置かれています。
 内容を確認すると……それは手紙でした。

 ダイゼンといえば……。
 かの「徳之島の秘宝」と呼ばれた事件の首謀者と同名ではないですか。
 興味深く読んでみると……帝国の存続すら揺るがしかねない衝撃の内容でした。
 
 「三種の宝具」――帝位の証といわれる品々が、真っ赤な贋物だというのです。
 本物はダイゼンが持ち出し隠したとの事。
 もしもこの手紙の内容が真実ならば、女帝は正当なる徳之帝国の主に非ずということになります。
 
 
 こうなったら、真実を究明するしかないでしょう。
 お弁当を持っていざ出陣!
 
 
 
 
 

09_1208_002

 このシチューはいやああああぁぁぁぁぁあ!
 
 

続きを読む "真実は墓場まで"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/17

とりこあとりーと!~2009~

09_1117_001

 便り更新がないのは元気な証拠です……と苦しい言い訳はともかく。
 SAが導入されて以来、少しずつではありますが「練成」を修行しています。
 やっと自宅にソウルフォージを設置できるようになったのはいいけれど、あまりのでかさに置く場所がないためにカスタマイズを余儀なくされ、色々と弄りまわっている今日この頃です。
 
 
 

09_1117_002

 そんな中、ぎりぎり最終日にハロウィンイベントに参加してきました。
 評議会殺人事件でお世話になったJasper捜査官に御用聞きのあと、各地を巡りこんな事態に。
 変身たのしいですね~♪

 魔法スキルがないキャラでクエストに臨んではだめですね。
 こんなウハウハなところに立ち入ることができません。
 勿体無かったー!
 
 
 

09_1117_003

 赤い結晶が6つ貯まったので、ハロウィン衣装とやらをいただいてきました。
 最初に貰ったのがこれ……きもいぃぃぃ!(うω;`)
 二個目はゲイザー君でした。おおぅ、久しぶりに逢った(違)なぁ……。
 
 
 最近あまり狩場に逝っていないので、そろそろ色々なところを巡ってみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/30

双月亭の新たな住……人?

09_0930_001

 いつもお世話になっている出雲・アンブラの混沌文芸酒場『双月亭』さんの新たな住人(蛙)に名前がついたということでお邪魔してきました。
 記念の『月見営業』ということで、野外営業になっていました。

 ……ちょっと樹が多いですね(汗
 
 
 蛙の名前は公募されていたのですが、〆切当日はこんな活発なイベントが催されていたのもあってか、前回の酒泉命名よりも応募が少なかったそうです。
 
 
 
 肝心の蛙の名前ですが………。
 
 

09_0930_002

河津さん?(違w

 
 
 
 
 
 漢字で書くと『不蛙』。
 何故こんな名前になったかは不明(謎)ですが、酒泉を気持ちよさそうにうろついている姿は必見です♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/22

物欲と読書欲

09_0620_101

 突然始まってしまった『徳之諸島の秘宝』、みなさん頑張ってますか?
 出雲に拠点を移して初めてのイベントなので、戦士キャラのスキル上げを兼ねて頑張っています。

 今回初登場のメンポを装着してかなりビビリ入りました(^-^;
 
 
 

09_0621_001

 徳之島で繰り広げられる阿鼻叫喚など何処吹く風。
 そんなまったりとした空気が支配する「うきうきブリタニアブックマーケット(UBBM)」が開催されていたのでお邪魔してきました。
 
 同日開催のイベントが多かった所為か客足はいまひとつなのが残念でした。
 ……が。
 元ギルドメンバーの復帰と新しいメンバーさんの加入という、ギルドミストレスのTsuyoriさんには嬉しい出来事があったのです。
 奇しくも新生Happy Placeの結成式に立ち会う栄誉を得たのでありました。
 つよりさん、おめでとうございます!
 
 
 次回UBBMは8月8日。
 ギルド復興記念につよりさんの新刊が発行されるみたいですよ?
 (もちろん証拠はきっちりと♪)
 
 
 
 
 
 新しいメンバーさんは図書館を始められたということで、ルーンをいただいてきました。
 後日こっそりとお邪魔してきました。
 

09_0621_003

 場所はこちら。
 俗に言う「ブリ三叉路」から西へどんどん向かったところにあります。
 「Shop Forest Harmony」さんがあったところ……といえばピンとこられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 まだまだ蔵書は豊かではありませんが、とても興味深い所蔵もありました。
 読書の秋はまだまだ先の話ですが、狩りの疲れを癒してみるのも一興かと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/04

泣きをみる壁

 昨年衝動的に建てた出雲の二軒目を解体したのですが、少々面白い現象に出くわしました。
 一瞬慌てました。
 かなりヤバい。これはGMコールものかとひやひや。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

09_0604_001

 実は……ついうっかり「土台に乗ったまま解体ボタンポチットナ~」をやらかしました。
 その所為で残像(といっても普通の壁と同じく通行不可になってます)が残ってしまったのです。
 再ログインしたら消えるかな~と、やってみてもそのまま。

 ヤヴァイ。
 超ヤヴァイ。
 
 
 一瞬GMコールかっ!?……と思いました。
 しかしながら所要があったので現場を離れること数時間(マテマテw
 
 
 
 なんとか壁はなくなったようです。アブネー(;´Д`A ```
 
 
 
 皆様もお宅を解体するときには気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

樹上生活りべんじ

09_0527_001

クリックして粗探ししてみよう

 
 暫く記事の更新をサボっている間に、以前ご紹介した飛鳥Britain近郊の家を諸事情のために手放しました。
 しかし、いざ手放してみると……あの微妙な住み心地が懐かしくなってしまいます。

 それならば!……と、出雲の家で再現してしまいました。
 譲っていただいて初めてのカスタマイズです。
 一年以上そのままにしてました(超自爆w
 
 
 

09_0527_002

 
 1Fには、最も長い時間をすごすであろう作業場をもってきました。
 内装は鍛冶場ですが、生産に必要な資材は全て炉の下に収納しています。
 西側の棚は飛鳥家と同じくバルク収納棚です。
 
 
 
09_0527_003

 
 2Fは書斎です。11周年記念品の本棚を使ってみました。
 中身はともかく、とても書斎らしくなりますね。

 南側のバルコニー(狭いけど)は、資源が取れる植物の世話ができるように敢えて何も置いていません。
 
 
 

09_0527_004

 
 3Fはプライベートな部屋です。
 プライベートといってもどなたでも入れますけどね(^-^;

 この狭さがとても落ち着きます。
 
 
 
 
 ようやく出雲生活の基盤ができた感じがします。
 のんびりと老後を送るような感じで過ごせたらいいなぁ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/09

宇宙のしんりに迫る

09_0408_001

 回線その他諸々の不調のおかげで、またブリタニアから足が遠のきかけましたが、なんとか復帰できました。
 不在の間に、時折お邪魔させていただいている出雲・アンブラの双月亭さんに異変が起きたということで、野次馬根性で見物に逝ってきました。
 ……こりゃ確かにすごいな。

 


 

09_0408_002

 店内では理論派店長Yuhさんが異変についての調査隊を結成し、調査対象の情報収集中です。
 ブリタニアで宇宙や空間に所縁のあるところ……というところで、各地を巡り推理することに。

 

09_0408_003

 図ったようにわらわらと集まってきた 常連客のみなさんとゲートを潜って……

 

09_0408_004

クリックで原寸大

 まずは首都Britainへ。
 ロードブリティッシュ城にある、魔術師クレイニンの研究室へ闖入。
 「空間転移」について記された書物を囲みフリーダムな議論推論を交わします。

 ただ、これだけでは到底謎を解き明かすことは叶わず。

 

09_0408_005


 続いては ぼくの場所 Monnglowの北にある大望遠鏡です。
 大望遠鏡といえば、ブリタニアの各地で見られる「次元の裂け目(rift)」を研究している学者が……あ、まだいらっしゃいました(^-^;

 折角なので彼からもなにがしか情報を得ようとしますが……。
 お願いばかりで肝心の手の内は見せてもらえません。
 流石は学者。食えぬお人です。

 

09_0408_006

 それにしても……ブリタニアンどもは相変わらず過ぎて安心します!(コラコラww

 

09_0408_007

 こうなったら、直接宇宙に赴くしかねぇだろ!……といわんばかりに。
 大挙して押しかけたのは、ロストランドの通称「蜘蛛城」です。
 怖い蜘蛛(の大群)もみんなで向かえば怖くない!
 でもFはカンベンな!

 

09_0408_008

 最小の犠牲を伴いながらも、無事たどり着いた空間。
 初めて訪れる「宇宙部屋」です。
 やばい。またクリアに一歩近づいたかも……(コラコラw

 

09_0408_010

 T側のここは平和そのものですが、F側といえば恐ろしい(そして美味しい)ものがスパウンするところで有名ですね。
 その「恐ろしいもの」は宇宙空間からやって来ているのではないかというのが店主の推論でした。

 確かに……こんなに フリーダム過ぎる 恐ろしい才能の持ち主たちが現れるのですから、何が現れてもおかしくはありません。

 

 しかし……双月亭に何故宇宙空間が出現したのか。

 今回の探索で明らかになったとは言い難く。

 

09_0408_011

 各人の心に小さな謎の種を残して探索の旅は終了しました。
 引率のYuhさん、議事録のMottieさん、そして参加者の皆さんおつかれさまでした♪
 またどこかにお出かけしたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/11

森のほとりの小さなお店

09_0311_001


 長らく雪化粧だったブリタニアにもようやく春が訪れたようです。
 
 
 春なので、わたしも冬眠から覚めるべく。
 長らく土台のまま放置していた、出雲の二軒目の家をカスタマイズしてみました。
 
 
 
09_0311_002
粗探しはクリックで念入りに☆


 まずは全景。
 まともに屋根を葺くのは久しぶりなので、ところどころおかしい(北側とか北側とか北側とか!)のはセルフ大目に(苦笑)
 三階建て可能な大きさですが、使用目的はあくまでもサブ(倉庫)でそこで「生活」するわけではないので敢えて二階建てにとどめています。
 隣家である本宅への行き来がしやすいように、玄関は東側に。
 玄関前のスペースを開けておくのは相変わらずです。
 
 

09_0311_003


 生活しない家なので、内装はかなり遊んでみました。
 以前からやってみたかった「ショップ風味」です。
 ……どこかで見たことがあると思った貴方は正解です(自爆)
 
 『森のほとりの小さなベーカリー』をイメージしてみました。
 小さなお店なので、基本お持ち帰りのお客様がメインのようです。
 たくさん収納できるように、箱ものを目一杯使っています。
 箱と木のベンチを組み合わせただけですが、ただ積み上げるよりはおしゃれに仕上がるので バカの一つ覚え ついつい多用してしまいます(^-^; 
 
 

09_0311_004


 二階は私室です。
 ホンスキーな家主なので本棚&書斎は基本ですね。
 飛鳥から持ち込んだ「旧表記」の引き揚げ絵画を飾ってみました。
 ローカライズがかなり進んでいるのでどうなるだろうと心配でしたが、旧表記はそのままで少しほっとしました。
 
 11周年の本棚を使っているのですが、まだ何も入っていないので作成品(Bookshelf)と同じに見えてしまうのがなんともはや……早く買い込んだ本を詰め込んで見栄えをよくしなければです(^-^;
 
 
 
 荷物の整理が終わったら、いよいよ本宅のカスタマイズ。
 まだまだ暫く「嬉しい頭痛」が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧