2009/09/25

然らば、飛鳥の家

09_0924_001

 活動規模の縮小もあり、飛鳥の住まいを引き払うこととなりました。
 
 飛鳥に生まれて7年。
 このシャードでは「家」が全てでした。
 
 駆け出しの頃から憧れていた「自分の家」。
 マラスの建築合戦に破れたこと。
 そしてなけなしの財産で購入した初めての家。
 
 
 転居を重ねた挙句にここに落ち着きました。
 終の棲家でした。
 奇しくも、初めての家と同じTrinsic南のジャングルの中というロケーションです。
 敬遠する方がいるこの土地が、わたしはとても好きでした。
 
 
 しかし。
 活動の拠点を出雲に移して以来、ここは無人に近い状態でした。

 まだ家の腐敗がストップしていた頃、通りかかる家々の殆どに人気がないのを苦々しく思っていました。
 その家主と、現在のわたしが全く同じ状況になってしまうのは如何なものか?
 
 そう感じたときに、ようやく決心がつきました。
 
 
 飛鳥での「生活」はこれでおしまいです。
 ですが、飛鳥がわたしの原点であることは間違いありません。
 
 
 
 
 然らば、飛鳥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/22

物欲と読書欲

09_0620_101

 突然始まってしまった『徳之諸島の秘宝』、みなさん頑張ってますか?
 出雲に拠点を移して初めてのイベントなので、戦士キャラのスキル上げを兼ねて頑張っています。

 今回初登場のメンポを装着してかなりビビリ入りました(^-^;
 
 
 

09_0621_001

 徳之島で繰り広げられる阿鼻叫喚など何処吹く風。
 そんなまったりとした空気が支配する「うきうきブリタニアブックマーケット(UBBM)」が開催されていたのでお邪魔してきました。
 
 同日開催のイベントが多かった所為か客足はいまひとつなのが残念でした。
 ……が。
 元ギルドメンバーの復帰と新しいメンバーさんの加入という、ギルドミストレスのTsuyoriさんには嬉しい出来事があったのです。
 奇しくも新生Happy Placeの結成式に立ち会う栄誉を得たのでありました。
 つよりさん、おめでとうございます!
 
 
 次回UBBMは8月8日。
 ギルド復興記念につよりさんの新刊が発行されるみたいですよ?
 (もちろん証拠はきっちりと♪)
 
 
 
 
 
 新しいメンバーさんは図書館を始められたということで、ルーンをいただいてきました。
 後日こっそりとお邪魔してきました。
 

09_0621_003

 場所はこちら。
 俗に言う「ブリ三叉路」から西へどんどん向かったところにあります。
 「Shop Forest Harmony」さんがあったところ……といえばピンとこられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 まだまだ蔵書は豊かではありませんが、とても興味深い所蔵もありました。
 読書の秋はまだまだ先の話ですが、狩りの疲れを癒してみるのも一興かと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

凶刃

09_0413_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

我が原点

09_0215_001

 昨年末より多忙、そしてその他諸々の理由でしばらくブリタニアを離れていました。
 ……が、やはり離れてみるとどことなくホームシックになってしまうものです。
 以前のように完全復帰とはいかないまでも、ぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いします。
 
 
 さて。
 
 カスカ卿の挨拶など、書くべきネタはいくつかあるのですが。
 
 今回は久々に飛鳥のUBBM(うきうき・ブリタニアブックマーケット)にお邪魔しました。
 ……空気読めない子なので、今回は売り子で参加です。
 いったい何を売ったんでしょうね(苦笑)
 
 
 PC環境が変わったため、設定ミスでSSがあまり撮れていませんでした_| ̄|○
 少ない人出ながらも、まだまだホンスキーの安否を確認できて有意義なひとときでございました。
 
 そんなUBBMも、次回(4月開催)は40回目の節目だそうです。
 次もお邪魔しま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

廃墟の霊とヘンテコな種

08_1114_001

 Pubがあたり、ブリタニアはハロウィンと新たなクエスト一色になってますね。
 昨年壊滅したマジンシアにも新たな動きがありました。
 罪滅ぼしの浄霊イベント……といったところでしょうか。

08_1114_002
 勿論『何もしなかった』罪に問われても仕方がないわたしも微力をつくす事にしました。
 戦士Nagilyで怒れる紅の御霊を鎮め、佇み、或いは狂ったように彷徨う御霊をQuoneで導いていきます。
 
 特にじっとして動かない魂は、昇天間際にさまざまな言葉を残して逝くのがなんとも言えません。
 作家諸氏にはたまらない題材になるのでは……と、不謹慎にも*にまにま*しています(^-^;
 
 
 
 

08_1114_003

 もの言わぬ御霊たちは、逝く時に「糸」を遺していきます。
 Quoneならそれを手繰り寄せて「声なき声」を聞くことができました。
 ……普段使っている言語ではないため、どこまで彼らの真意を推し測ることができたかは微妙ですが(^-^;
 
 
 

08_1114_004

 さて、ブラックロックの装置から派生した影の軍団があちこちの街を蹂躙するようになったわけで……一般人にはなかなか物騒な感じです。
 さぞや烈しい攻防が繰り広げられている事だろうと偵察に行ってみると……殆ど誰も居ません@飛鳥Moonglow
 
 初めて目の当たりにした『紅の龍』に竦みあがってしまいました……。
 しかし、禍々しくも美しい龍ですね。
 しばし見とれてしまいました。
 
 
 
 
 
 老若男女をガーデニングブームに巻き込んだ「ヘンテコな種」に新種が出たらしい。
 そんな噂を聞きつけて、久々にヴァンプ武士出動です。
 

08_1114_005

 新種を出すという噂の人(違)が闊歩している某所で暫くがんばってみました。
 時々金ぴかバージョン(それも複数)に囲まれ *はぁはぁ* あたふたしながらも……
 
 

08_1114_006

 とりあえずこんだけ集めてみました。
 がんがって育てますよ。*はぁはぁ*
 
 
 
 
 
 ……とまぁ、飛鳥でこれだけ忙しく立ち回っているというのに。
 出雲でも忙しくなりそうな出来事が起こりました。
 
 

08_1114_007

 出雲の自宅のお隣さんがなくなっていました。
 気づかなかった!
 
 暫く悩んだ挙句……
 
 
 

08_1114_008
結局建築。

 まだまだ出雲はストレージに余裕があるのですが……。
 とりあえず押さえとけ的勢いに素直になってみました。
 
 また暫く嬉しい悩みができました♪
 
 
 
08_1114_009
 周囲が森といういいロケーションなので、新植物の生垣をふんだんに使ってみようかと。
 ただ、出雲では力が入った花屋さんを発掘していないので自力調達です。
 ホント種集め好きやな自分(苦笑)
 
 とりあえず目標の50個になりました。
 
 
 
08_1114_010
 それにしても。
 我ながらこの「こまかさ」に呆れるばかり……でも、鉱石や骨を見るとどうしても拾わずには居られませんから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/20

奈落から呼ぶ声

08_0919_001 新植物が剪定できるようになりました。
 まだ全然出ていない種類もあるのですが、種を取るのに苦労しそうなのでとりあえず一段落といったところでしょうか。
 早速ホップは壁に這わせ、低い生垣にいろいろな花を乗せて馴染み具合を調べたりと遊んでみたり。
 憧れのオーフラーの花はやはり(・∀・)イイ!
 
 
 
 
 そんな暢気な栽培ガールTさんですが。
 実は、この新植物には不思議な事がおこっていたのです。
 
 
 今日こそはバルク整理をしなくちゃと昼前から張り切っているMさん(飛鳥在住)の恐怖体験です。
 

08_0919_002

 「はい……Tがどけた糸杉が鍛冶場を塞いでいたので……仕方なくよけてたんです」
 
 
08_0919_003 「見るともう剪定してよいみたいだったので……セキュアに入れておけば判るだろうと思ってロックを外して剪定していました」
 
 「そうしたら……何か声がするんです」
 
 「この家には誰も居ないはずなのに……」
 
 
 
 
 
 

08_0919_004

 「『我はここに居る!』なんて……どこから聞こえてくるんですか!」
 
 

08_0919_005

 「他の植物を剪定する時も、ずっと声は聞こえていたんです……」
 
 「もうわたし怖くて……姉と妹にもう種はとってくるなって言わなきゃ!」
 
 
 やはり、新種の種は惨殺されたクリーチャーたちの怨念の結晶なのでしょうか…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/19

緑を植えましょう♪

08_0918_001

 Pub55が導入されました。
 元花屋内装品店としては見過ごすわけにはいかない「新植物」がお目見えです。
 こちらは全て受粉ができず、種は全て特定のクリーチャーから得なければならないということで、久しぶりに初日から頑張ってあちこちの狩場を巡ってきました。
 中でも「暇つぶし」の場の一つでもある「蟻穴」のAnt Lionも新種の種を持っているという噂に狂喜してかなりの時間粘ってしまいました。
 勿論、鉱石の山もきちんとまとめて溶かしてお持ち帰りです。
 堀騎士ですから当然です(笑)
 
 
 
 そのほかにも、久しぶりの狩場にも足を向けてみました。
 
 

08_0918_002

 Titanも対象ということで、久しぶりにDespiseに殴りこみです。
 (ロストランドのほうは先客が居そうだったので(^-^;)
 初めて訪れた時はフルプレ、現在は少しお洒落さんになったNagilyに、しきりに「カワイ~ィ!」を連発してくれました(違w
 
 それにしても、いつ観てもTitanの斃れるさまは妙な色気を感じます(爆)
 ブリタニアの女性陣も見習わなきゃダメだと思います!(うω;`)
 
 
 
 適当に種が集まったので、その日のうちに早速種まきです。
 ガーデニング自体久しぶりですね~。
 かつての温室は既に手放してしまったので、ジャングル家のあちこちに鉢を並べまくりです。
 
 

08_0918_003

びふぉ~

 



 
08_0918_004

あふた~

 8日経過して……現れたのは魔境でした(自爆)
 ランダムとはいえこれは酷い。
 
 

08_0918_005

 チョコレートの原料になるカカオの樹はもっと凄い事になっていました。
 ロックダウン数が気にならなければ、迷路を作れそうな感じです。
 
 
 しかも。
 

08_0918_006

 花つきサボテン以外の全ての新植物が、この段階から「ロックダウンしたまま」世話できなくなってしまっています。
 既にEA側でも既知の問題ということで修正待ちのようですが、はっきりアナウンスがないので何時になることやら……はやくなおって!(AA略
 
 
08_0918_007 ロックダウンを解除してバッグに入れれば世話はできるので、致命的ではありませんが……やはり時間かかりますね。
 でも、新しい資源が愉しみですなぁ。
 相変わらず砂糖と香料はイルシェナーに出向かねばならないのですが……。
 
 ……サトウキビがあるんなら、砂糖取れるようになればいいのに(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/29

はじまりのないおわり

08_0719_000

 大胆不敵にも、城内で起こった評議会惨殺事件。
 捜査官Jasperの呼びかけに応じ、多くの冒険者たちが謎を追いかけています。
 前々回・前回に引き続き、わたしもあちこちを駆けずり回ってきました。
 
 
 ブリタニアを(あらゆる意味で)驚愕させた「統治評議会殺人事件」を、三回に分けてレポートします。
 
 
     第一回 『穢された警告文
     第二回 『謎解きと理不尽な人質
     第三回 『はじまりのないおわり』 ←今ここ
 
 
 今回で最終回。果たして、事件を納得いくまで追う事ができるのか。
 かなりのネタバレ(そして酷い妄想炸裂)のため、例によって頁を分けております。
 特にネタバレを気になさらない方のみ「続きを読む」を華麗にクリックor(RSS配信でお越しの方は)画面をずずいとスクロールさせてお楽しみいただければ幸いです。
 
 
 

続きを読む "はじまりのないおわり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/26

謎解きと理不尽な人質

08_0718_000

 大胆不敵にも、城内で起こった評議会惨殺事件。
 捜査官Jasperの呼びかけに応じ、多くの冒険者たちが謎を追いかけています。
 前回に引き続き、わたしもあちこちを駆けずり回ってきました。
 
 
 ブリタニアを(あらゆる意味で)驚愕させた「統治評議会殺人事件」を、三回に分けてレポートします。
 
 
     第一回 『穢された警告文
     第二回 『謎解きと理不尽な人質』 ←今ここ
     第三回 『はじまりのないおわり
 
 

 
 今回も、前回に輪をかけて『超ネタバレ』な内容になっています。
 続きを読みたい場合は「続きを読む」を華麗にクリック・RSS配信で記事に直接お越しの方は画面をずずいとスクロールさせてからお楽しみいただければ幸いです。
 
 

続きを読む "謎解きと理不尽な人質"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

穢された警告文

08_0717_000

 大胆不敵にも、城内で起こった評議会惨殺事件。
 捜査官Jasperの呼びかけに応じ、多くの冒険者たちが謎を追いかけています。
 遅ればせながら、わたしもあちこちを駆けずり回ってきました。
 
 
 ブリタニアを(あらゆる意味で)驚愕させた「統治評議会殺人事件」を、三回に分けてレポートします。
 
 
     第一回 『穢された警告文』 ←今ここ
     第二回 『謎解きと理不尽な人質
     第三回 『はじまりのないおわり
 
 

 
 
 はい。
 例によって『超ネタバレ』となっています。
 既に某情報サイトなどで散々情報がだだ漏れになってしまっていますが、それでもなお自力で地道な捜査を続けていらっしゃる方の存在をないがしろにするわけには参りませんので、いつものように別頁とさせていただいてます。
 続きをお読みになりたい場合は「続きを読む」をクリック、RSS配信でお越しの方はずずいと画面をスクロールさせてお楽しみくださいませ。
 
 

続きを読む "穢された警告文"

| | コメント (0) | トラックバック (0)