2010/05/23

水槽の出番がやってきた

10_0523_001

 休んだり復活してみたり、また休んだりと、昨年末(それ以前という説もあるが)から記事にするまでもないブリタニア生活をおくっておりました。
 パスワードを忘れたとか、そこまでドジっこではありません!(自爆w
 
 
 さてさて。
 次のパブリッシュでライフワークともいえる「園芸」に関する修正が入るようですね。
 
 
 大半の園芸家が当たり前のように利用してきた『無限ピッチャー』が無限でなくなってしまうということで、あちらこちらで色々と物議を醸しているようです。
 休み休みとはいえ細々と園芸しているわたしでも、なくなってしまうのはしんどいというのが正直な感想です。
 
 
 ただ、一つだけ言える事。
 それは「無限ピッチャーはバグ技でしかない」ということ。
 
 運営側がバグを修正するのは当然です。
 何故今まで修正されていなかったのか……そこに憤りを覚えるのもわかります。
 けれど、今までは見過ごして(あるいは気づかずに)いたことも、あるきっかけが元で修正せざるを得ない事態になれば、どんな小さなバグでも修正するのは当たり前ではないでしょうか?
 それがたまたま「今回」だったというだけなのではないでしょうか?
 
 
 来たる新パブリッシュのために、久しぶりに家に水槽を設置してみました。
 昔はどの家にも置かれていた水槽ですが、今改めて見るとなんとも味気ないですね。
 ガーゴイル式水槽とかエルフ式水槽とか、新しい水槽アドオンが出るといいなぁ。

|

2009/09/25

然らば、飛鳥の家

09_0924_001

 活動規模の縮小もあり、飛鳥の住まいを引き払うこととなりました。
 
 飛鳥に生まれて7年。
 このシャードでは「家」が全てでした。
 
 駆け出しの頃から憧れていた「自分の家」。
 マラスの建築合戦に破れたこと。
 そしてなけなしの財産で購入した初めての家。
 
 
 転居を重ねた挙句にここに落ち着きました。
 終の棲家でした。
 奇しくも、初めての家と同じTrinsic南のジャングルの中というロケーションです。
 敬遠する方がいるこの土地が、わたしはとても好きでした。
 
 
 しかし。
 活動の拠点を出雲に移して以来、ここは無人に近い状態でした。

 まだ家の腐敗がストップしていた頃、通りかかる家々の殆どに人気がないのを苦々しく思っていました。
 その家主と、現在のわたしが全く同じ状況になってしまうのは如何なものか?
 
 そう感じたときに、ようやく決心がつきました。
 
 
 飛鳥での「生活」はこれでおしまいです。
 ですが、飛鳥がわたしの原点であることは間違いありません。
 
 
 
 
 然らば、飛鳥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/04

泣きをみる壁

 昨年衝動的に建てた出雲の二軒目を解体したのですが、少々面白い現象に出くわしました。
 一瞬慌てました。
 かなりヤバい。これはGMコールものかとひやひや。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

09_0604_001

 実は……ついうっかり「土台に乗ったまま解体ボタンポチットナ~」をやらかしました。
 その所為で残像(といっても普通の壁と同じく通行不可になってます)が残ってしまったのです。
 再ログインしたら消えるかな~と、やってみてもそのまま。

 ヤヴァイ。
 超ヤヴァイ。
 
 
 一瞬GMコールかっ!?……と思いました。
 しかしながら所要があったので現場を離れること数時間(マテマテw
 
 
 
 なんとか壁はなくなったようです。アブネー(;´Д`A ```
 
 
 
 皆様もお宅を解体するときには気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

樹上生活りべんじ

09_0527_001

クリックして粗探ししてみよう

 
 暫く記事の更新をサボっている間に、以前ご紹介した飛鳥Britain近郊の家を諸事情のために手放しました。
 しかし、いざ手放してみると……あの微妙な住み心地が懐かしくなってしまいます。

 それならば!……と、出雲の家で再現してしまいました。
 譲っていただいて初めてのカスタマイズです。
 一年以上そのままにしてました(超自爆w
 
 
 

09_0527_002

 
 1Fには、最も長い時間をすごすであろう作業場をもってきました。
 内装は鍛冶場ですが、生産に必要な資材は全て炉の下に収納しています。
 西側の棚は飛鳥家と同じくバルク収納棚です。
 
 
 
09_0527_003

 
 2Fは書斎です。11周年記念品の本棚を使ってみました。
 中身はともかく、とても書斎らしくなりますね。

 南側のバルコニー(狭いけど)は、資源が取れる植物の世話ができるように敢えて何も置いていません。
 
 
 

09_0527_004

 
 3Fはプライベートな部屋です。
 プライベートといってもどなたでも入れますけどね(^-^;

 この狭さがとても落ち着きます。
 
 
 
 
 ようやく出雲生活の基盤ができた感じがします。
 のんびりと老後を送るような感じで過ごせたらいいなぁ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/11

森のほとりの小さなお店

09_0311_001


 長らく雪化粧だったブリタニアにもようやく春が訪れたようです。
 
 
 春なので、わたしも冬眠から覚めるべく。
 長らく土台のまま放置していた、出雲の二軒目の家をカスタマイズしてみました。
 
 
 
09_0311_002
粗探しはクリックで念入りに☆


 まずは全景。
 まともに屋根を葺くのは久しぶりなので、ところどころおかしい(北側とか北側とか北側とか!)のはセルフ大目に(苦笑)
 三階建て可能な大きさですが、使用目的はあくまでもサブ(倉庫)でそこで「生活」するわけではないので敢えて二階建てにとどめています。
 隣家である本宅への行き来がしやすいように、玄関は東側に。
 玄関前のスペースを開けておくのは相変わらずです。
 
 

09_0311_003


 生活しない家なので、内装はかなり遊んでみました。
 以前からやってみたかった「ショップ風味」です。
 ……どこかで見たことがあると思った貴方は正解です(自爆)
 
 『森のほとりの小さなベーカリー』をイメージしてみました。
 小さなお店なので、基本お持ち帰りのお客様がメインのようです。
 たくさん収納できるように、箱ものを目一杯使っています。
 箱と木のベンチを組み合わせただけですが、ただ積み上げるよりはおしゃれに仕上がるので バカの一つ覚え ついつい多用してしまいます(^-^; 
 
 

09_0311_004


 二階は私室です。
 ホンスキーな家主なので本棚&書斎は基本ですね。
 飛鳥から持ち込んだ「旧表記」の引き揚げ絵画を飾ってみました。
 ローカライズがかなり進んでいるのでどうなるだろうと心配でしたが、旧表記はそのままで少しほっとしました。
 
 11周年の本棚を使っているのですが、まだ何も入っていないので作成品(Bookshelf)と同じに見えてしまうのがなんともはや……早く買い込んだ本を詰め込んで見栄えをよくしなければです(^-^;
 
 
 
 荷物の整理が終わったら、いよいよ本宅のカスタマイズ。
 まだまだ暫く「嬉しい頭痛」が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

廃墟の霊とヘンテコな種

08_1114_001

 Pubがあたり、ブリタニアはハロウィンと新たなクエスト一色になってますね。
 昨年壊滅したマジンシアにも新たな動きがありました。
 罪滅ぼしの浄霊イベント……といったところでしょうか。

08_1114_002
 勿論『何もしなかった』罪に問われても仕方がないわたしも微力をつくす事にしました。
 戦士Nagilyで怒れる紅の御霊を鎮め、佇み、或いは狂ったように彷徨う御霊をQuoneで導いていきます。
 
 特にじっとして動かない魂は、昇天間際にさまざまな言葉を残して逝くのがなんとも言えません。
 作家諸氏にはたまらない題材になるのでは……と、不謹慎にも*にまにま*しています(^-^;
 
 
 
 

08_1114_003

 もの言わぬ御霊たちは、逝く時に「糸」を遺していきます。
 Quoneならそれを手繰り寄せて「声なき声」を聞くことができました。
 ……普段使っている言語ではないため、どこまで彼らの真意を推し測ることができたかは微妙ですが(^-^;
 
 
 

08_1114_004

 さて、ブラックロックの装置から派生した影の軍団があちこちの街を蹂躙するようになったわけで……一般人にはなかなか物騒な感じです。
 さぞや烈しい攻防が繰り広げられている事だろうと偵察に行ってみると……殆ど誰も居ません@飛鳥Moonglow
 
 初めて目の当たりにした『紅の龍』に竦みあがってしまいました……。
 しかし、禍々しくも美しい龍ですね。
 しばし見とれてしまいました。
 
 
 
 
 
 老若男女をガーデニングブームに巻き込んだ「ヘンテコな種」に新種が出たらしい。
 そんな噂を聞きつけて、久々にヴァンプ武士出動です。
 

08_1114_005

 新種を出すという噂の人(違)が闊歩している某所で暫くがんばってみました。
 時々金ぴかバージョン(それも複数)に囲まれ *はぁはぁ* あたふたしながらも……
 
 

08_1114_006

 とりあえずこんだけ集めてみました。
 がんがって育てますよ。*はぁはぁ*
 
 
 
 
 
 ……とまぁ、飛鳥でこれだけ忙しく立ち回っているというのに。
 出雲でも忙しくなりそうな出来事が起こりました。
 
 

08_1114_007

 出雲の自宅のお隣さんがなくなっていました。
 気づかなかった!
 
 暫く悩んだ挙句……
 
 
 

08_1114_008
結局建築。

 まだまだ出雲はストレージに余裕があるのですが……。
 とりあえず押さえとけ的勢いに素直になってみました。
 
 また暫く嬉しい悩みができました♪
 
 
 
08_1114_009
 周囲が森といういいロケーションなので、新植物の生垣をふんだんに使ってみようかと。
 ただ、出雲では力が入った花屋さんを発掘していないので自力調達です。
 ホント種集め好きやな自分(苦笑)
 
 とりあえず目標の50個になりました。
 
 
 
08_1114_010
 それにしても。
 我ながらこの「こまかさ」に呆れるばかり……でも、鉱石や骨を見るとどうしても拾わずには居られませんから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/20

奈落から呼ぶ声

08_0919_001 新植物が剪定できるようになりました。
 まだ全然出ていない種類もあるのですが、種を取るのに苦労しそうなのでとりあえず一段落といったところでしょうか。
 早速ホップは壁に這わせ、低い生垣にいろいろな花を乗せて馴染み具合を調べたりと遊んでみたり。
 憧れのオーフラーの花はやはり(・∀・)イイ!
 
 
 
 
 そんな暢気な栽培ガールTさんですが。
 実は、この新植物には不思議な事がおこっていたのです。
 
 
 今日こそはバルク整理をしなくちゃと昼前から張り切っているMさん(飛鳥在住)の恐怖体験です。
 

08_0919_002

 「はい……Tがどけた糸杉が鍛冶場を塞いでいたので……仕方なくよけてたんです」
 
 
08_0919_003 「見るともう剪定してよいみたいだったので……セキュアに入れておけば判るだろうと思ってロックを外して剪定していました」
 
 「そうしたら……何か声がするんです」
 
 「この家には誰も居ないはずなのに……」
 
 
 
 
 
 

08_0919_004

 「『我はここに居る!』なんて……どこから聞こえてくるんですか!」
 
 

08_0919_005

 「他の植物を剪定する時も、ずっと声は聞こえていたんです……」
 
 「もうわたし怖くて……姉と妹にもう種はとってくるなって言わなきゃ!」
 
 
 やはり、新種の種は惨殺されたクリーチャーたちの怨念の結晶なのでしょうか…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/19

緑を植えましょう♪

08_0918_001

 Pub55が導入されました。
 元花屋内装品店としては見過ごすわけにはいかない「新植物」がお目見えです。
 こちらは全て受粉ができず、種は全て特定のクリーチャーから得なければならないということで、久しぶりに初日から頑張ってあちこちの狩場を巡ってきました。
 中でも「暇つぶし」の場の一つでもある「蟻穴」のAnt Lionも新種の種を持っているという噂に狂喜してかなりの時間粘ってしまいました。
 勿論、鉱石の山もきちんとまとめて溶かしてお持ち帰りです。
 堀騎士ですから当然です(笑)
 
 
 
 そのほかにも、久しぶりの狩場にも足を向けてみました。
 
 

08_0918_002

 Titanも対象ということで、久しぶりにDespiseに殴りこみです。
 (ロストランドのほうは先客が居そうだったので(^-^;)
 初めて訪れた時はフルプレ、現在は少しお洒落さんになったNagilyに、しきりに「カワイ~ィ!」を連発してくれました(違w
 
 それにしても、いつ観てもTitanの斃れるさまは妙な色気を感じます(爆)
 ブリタニアの女性陣も見習わなきゃダメだと思います!(うω;`)
 
 
 
 適当に種が集まったので、その日のうちに早速種まきです。
 ガーデニング自体久しぶりですね~。
 かつての温室は既に手放してしまったので、ジャングル家のあちこちに鉢を並べまくりです。
 
 

08_0918_003

びふぉ~

 



 
08_0918_004

あふた~

 8日経過して……現れたのは魔境でした(自爆)
 ランダムとはいえこれは酷い。
 
 

08_0918_005

 チョコレートの原料になるカカオの樹はもっと凄い事になっていました。
 ロックダウン数が気にならなければ、迷路を作れそうな感じです。
 
 
 しかも。
 

08_0918_006

 花つきサボテン以外の全ての新植物が、この段階から「ロックダウンしたまま」世話できなくなってしまっています。
 既にEA側でも既知の問題ということで修正待ちのようですが、はっきりアナウンスがないので何時になることやら……はやくなおって!(AA略
 
 
08_0918_007 ロックダウンを解除してバッグに入れれば世話はできるので、致命的ではありませんが……やはり時間かかりますね。
 でも、新しい資源が愉しみですなぁ。
 相変わらず砂糖と香料はイルシェナーに出向かねばならないのですが……。
 
 ……サトウキビがあるんなら、砂糖取れるようになればいいのに(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/15

憧れの樹上生活

07_1215_101 今日からホリデーギフトの配布が始まりました。
 全シャードにログインしてみたところ……なんと! 白いレアカラーのカードをゲットしました。

 ……無限なんですが_| ̄|○
 欲しい方いらっしゃったら差し上げます。
 
 
 
 さてさて。
 先日の改装で旧作業場が移転したので、残るトレハン基地兼倉庫を改装する事になりました。
 
 
 
07_1215_001
 
 
 実は、以前から「トム・ソーヤの冒険」に出てくるような「樹の上にある小屋」みたいなカスタマイズができればいいなぁと考えていました。
 部屋として使うのはトレハンRBといくつかのセキュアを置くスペースで十分事足りるわけですし、今回はそんな家を作ってみよう!――と、いつものようにぶっつけ本番でやってみました。
 
 
 ……完成図を見る限り。
 「樹上生活」というより「樹中生活」といったほうが正しいですね(自爆)
 
 まぁ、一応わたしにも「ネタハウス」は建てられるということで(^-^;
 
 
 

07_1215_002

 1Fはちょっとした鍛冶スペースと倉庫です。
 トレハンやサルベージの時には武具など持ち帰ってリサイクルしているので、鍛冶アドオンは必須なのです。
 以前は面倒な手作業でしたが、今は廃品袋があるから便利ですよね♪
 
 
 

07_1215_003

 2Fはいつものようにトレハン&サルベージ基地です。
 秘薬スタチューは、10周年の幸運壷(?)と並べて「神棚」っぽくしてみました。
 何かいいもの出ますように(-人-)ナムナム
 
 
 この物件のカスタマイズはほぼ一年ぶりでした。
 来年はどうなることやら(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/10

ゆめまぼろしの家

07_1210_001 クリックするともっと粗探しできます

 以前手に入れて、土台で長い間放置していた物件をカスタマイズしました。
 ご覧の通り、ジャングルでかなり被りが激しい物件です。
 入手した時から「隠れ家的」カスタマイズプランを練っていましたが、なかなかイメージ通りに表現できなくて、結局1年近く放置していた事になります(自爆)

 用途は「作業場+書斎」。
 部屋を区切るのが苦手なので、配置に苦労しました(^-^;
 外のカウンターは、後々雑貨ベンダーでも立てようかと目論んでいます。
 
 
 

07_1210_002

 1Fには裁縫関連、奥に倉庫的スペースを設けてみました。
 西側の壁に設置したシェルフにはバルクを納めています。

 倉庫スペースにはNPCカラーと思しき布たちがたくさん眠っています。
 本当は分類して北側の壁に整頓したいのですが、如何せん識別が難しい代物なのでなかなか着手できません。近日中に何とかしたいものです(汗
 
 
 
07_1210_003
 
 相変わらずお気に入りの「秘薬スタチュー+ボスから取れるキノコ」の組み合わせです。
 植物もがんがん使い、お店の拡張時にセキュアに仕舞いこんだトリンシック薔薇も復活させてみました。
 
 
 
 
 
07_1210_004
 
 
 鍛冶場は結構シンプルに纏め上げる事ができました。
 ゴザ技を使って、資材やバルクのセキュアをフォージの下に置けたのが大きいです。
 周囲に魔法を使うmobが湧かないのをいい事にかなり開放的に作る事ができました。
 
 
 
 
 
 

07_1210_005

 鍛冶場と同じフロアに書斎兼自室を設けました。
 カーテン使いすぎです。無計画カスタムの賜物ですね♪(マテコラw
 
 蔵書は作者の皆様に公開の許可を戴いてないので、今のところ非公開です。
 
 
 
 

07_1210_006
永遠に客が来ないバー

 屋上にはバーカウンターを装ってセキュアをたくさん設置してます。
 要らない物はどんどんしまっちゃうよ(謎
 
 籠的オブジェはがんばって自作してみました。
 通勤時に通りかかる某デパートに設置してあるものを真似してみました。
 積み上げてデコツールで上げ下げするだけなのでレシピを公開するまでもないとは思いますが、ご要望があればこちらでupします。
 
 
 結構時間がかかりましたが、ようやく「住める」レベルになりました。
 あとは使い勝手を見ながら調整といったところでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ………あ。大事な物をわすれてた。
 
 
 
 
 
 
 

07_1210_007

 とあるオブジェの為に、今更な「Trick or Treat」です。
 いつもならすぐに入手できるのに、欲しい時に限ってなかなかめぐりあえません。
 
 
 
 
 そのオブジェとは……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
07_1210_008 某ライブハウスに佇むマスコット「生足星人」の使用許可が下りた(……よね? ねっ?)ので、材料である生足を確保してきたのでありました。
 まさに「身体を張った芸術」です(爆)
 
 ただ、口パーツがすぐに入手できるものではなかったので本のインクを定着させる赤葉を使ってみたのですが……オリジナルよりキモカワじゃないかっ( ´▽`):∵

| | コメント (2) | トラックバック (0)