« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »

2009/12/11

感謝祭 ~2009~

09_1209_001

 ブリタニア中に突然変異した七面鳥が出没するということで、やることも無い刺激を求めて調査依頼を引き受けてしまいました。
 巨大七面鳥を倒して分布を突き止め、巣にある卵を破壊しなければなりません。
 
 ただ、これは普段おひとり様で通しているわたしには辛い依頼でした。
 何せ突然変異で巨大化してしまっている所為で、何気ない蹴りも即死級のダメージになってしまいます。
 ただ音楽好きらしいという噂を聞き、昔とった何とやらでがんばってみました。
 
 
 

09_1209_002

 あの巨体で暴れる所為かなかなか完全な地図が出ませんでした。
 この分布図を完全にしないと依頼を完遂することができないのです。

 ひぃひぃ言いながらもやっと地図をつなぎ合わせ……。
 
 地図を頼りに調査してみると…………。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

09_1209_004

 なんということでしょう。
 よそ様のお宅の床下に巣があったんです。
 これって、孵化したら床下から崩壊しそうなんですが……(汗
 
 
 

09_1209_005

 結局また七面鳥を狩って新しい分布図を作り、ようやく調査終了となりました。
 長かった……ひたすら長かった_| ̄|○
 
 
 それにしても、今回のイベントは懐かしゅうございました。
 かつての「ヘイブンヤングトレハン」を彷彿とさせましたね~。
 またやってみたいです。
 (七面鳥は抜きでお願いします_| ̄|○w)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

真実は墓場まで

09_1208_003

 日頃からお世話になっている出雲・Umbraの酒場『双月亭』に怪文書が持ち込まれたとの事。
 営業ではない日にも関わらず、大勢のナゾスキー達が集いました。

09_1208_001

 テーブルの上には、その「怪文書」が置かれています。
 内容を確認すると……それは手紙でした。

 ダイゼンといえば……。
 かの「徳之島の秘宝」と呼ばれた事件の首謀者と同名ではないですか。
 興味深く読んでみると……帝国の存続すら揺るがしかねない衝撃の内容でした。
 
 「三種の宝具」――帝位の証といわれる品々が、真っ赤な贋物だというのです。
 本物はダイゼンが持ち出し隠したとの事。
 もしもこの手紙の内容が真実ならば、女帝は正当なる徳之帝国の主に非ずということになります。
 
 
 こうなったら、真実を究明するしかないでしょう。
 お弁当を持っていざ出陣!
 
 
 
 
 

09_1208_002

 このシチューはいやああああぁぁぁぁぁあ!
 
 

続きを読む "真実は墓場まで"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »