« へい!へい!凡々な日々 | トップページ | 穢された警告文 »

2008/07/12

ブリ城、流血の惨事

 王都Britainにて、タウンクライヤーが血相を変えて叫んでいました。
 なんでも……城内で大変な事件が起こったらしいのです。
 
 
 

08_0712_002

 急ぎ駆けつけてみると、Jasperという衛兵が協力を呼びかけている模様。
 
 
 
 
 

08_0712_001

 大会議室が……一面血の海になっていました。
 衛兵ですら斃されています。
 
 そして、その中央には……。
 
 
 
 と、また新たなイベントの予感ですが……結構ネタバレな内容も含まれております。
 「ネタバレなんて関係ねぇ!」な方は「続きを読む」を軽やかにクリックして続きをお楽しみ下さい。
 「謎は自分で解く。ジッチャンの名にかけて!」な方は黙って他のステキサイトさまへ移動下さい。
 
 
 
 

 
 
 

08_0712_003
事件現場・画像クリックで拡大します

 王室財務官Francesco氏の無残な姿があったのです。
 他の犠牲者が「逃げようとしているところをやられている」のに比べて、椅子に座ったまま絶命している様子から察するに、やはり彼は真っ先に「消された」のでしょうか?
 ……『誰』に?
 
 
 現場には、犯行声明とも読める紙片と血の色より紅い髑髏が置かれていました。
 遺体の傍には割れたガラスの破片。
 ガラス……どこかで手にした人を見たような気がする。
 
 それよりも、声明文の「FOA」とは……?
 
 
 まだまだ全てが謎のまま。
 
 
 
 

08_0712_004

 机上には一枚の地図がそのままにしてありました。
 指紋をつけないよう(イヤマテw)に慎重に改めてみると……。
 
 
 どう見ても、拠点からここ大会議室へのルートのようです。
 何か残されているかもしれない。何も残っていないかもしれない。
 どちらにしろ、行ってみなければわかりません。
 
 
 あ。そうそう。
 

ちずはとてもでりけーとなのでとりあつかいにはちゅういしてね!

 
 
 
 
 
 
08_0712_006

 十分に徒歩で行けるところに、地図上の「アジト」らしきところはありました。
 
 一見穏やかな普通の民家のようですが……。
 
 
08_0712_007
 まるで行く手を阻むように、無数のトラップが仕掛けられています。
 回復の手段を持たない方は近づかないほうがよろしいかと。
 
 
 

08_0712_008

 なんとか一歩一歩罠に殺されかけながらをやり過ごし、たどり着いた先。
 そこには一冊のノートが隠されていました。
 
 
 金曜日決行。
 
 やはり、犯人のアジトだったのでしょうか?
 これからの動き(ex.ローカライズ)に期待です!
 
 
 
 
 
 
       :+:+:+:+:+:+:+: おまけ :+:+:+:+:+:+:+:
 
 
 
 
08_0712_009 『アジト』近くにこんな方がいました。
 服装は至って普通ですが、どうみても妖しい。
 
 
 ……と思ったら。
 
 

08_0712_010

 博識すぎる!
 博識すぎて逆に妖しいよ!

|

« へい!へい!凡々な日々 | トップページ | 穢された警告文 »

コメント

こんにちはー
普通のNPCよりよほど博識ですよねー
なのに悪人なんて… 続記事期待しております

それと私のHPのURLが若干変わりました!
間違ってHPのアカウントを削除してしまいまして…
お手数ですがリンクの差し替えなどお願いしまっす!
でわ(^^)ノシ

投稿: 浮猫 | 2008/07/15 17:45

  >浮猫さま

 いらっしゃいまし。コメントありがとうございます♪
 一日遅れになりましたが、サイトの差し替え工事完了いたしました。
 ご連絡ありがとうございました!


 悪人(?)さんの博識ぶりにもびっくりですが、その深さ(教えてもらう上限値)も眼を見張るものがあります。
 下手なNPCギルドマスターより博識です。どんだけー!(汗

 続記事は……SS撮り直しの旅が無事終えられるようにガンバリマス(うω;`)

投稿: 久遠(Quone) | 2008/07/16 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47434/41811418

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ城、流血の惨事:

« へい!へい!凡々な日々 | トップページ | 穢された警告文 »