« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/30

嗚呼、じれったい?

 気づけばもう一年も終わりに近づいてきました。
 早いものですね~。
 しかし、何とかかんとかこの一年、大した事件事故も無くUO生活が送れたことはそれなりに幸せなことだということですね♪ 皆様は如何でしたか?
 
 
 
 年末のご挨拶代わりに小ネタをひとつ。
 これは偶然にスキル上げをしている最中に気づいたもので、実際は飛鳥だけでの現象で他シャードの皆様には検証できないことかもしれないことを念頭にお読み下さい。
 
 ……べ、別に昨日のUOトリビアの写真を撮りそびれてネタが無かったからじゃないからねっ!(ぁw
 
 
 

07_1230_001

 この写真で場所がわかる貴方はかなりのMinoc通ですね♪
 そう、ここはMinoc酒場の近くにある採掘師NPCギルド「The Golden Pick Axe」です。
 何故かここにずっと佇んでいるタウンクライアーさんが本日の主役です。
 
 
 さて。このタウンクライヤーを悩ませてみます。
 やり方は簡単。
 それほど遠くないところで「範囲PM」をかければOK。
 
 

07_1230_002

 悩んでます。
 なんかじれったいくらいに悩んでます。
 
 楽器は何でもいいらしいです。
 徳之島の笛も、MLのボスから取れる幽霊の鳴き声が出る笛でもいいんです。
 夢うつつで聴いているのかもしれません。

 というか、Nemissa愛用はタンバリンなのですが……パーカッションで曲名がわかったらあんたそこに立っとらんやろ! というツッコミはとりあえずやめておきます(爆笑)
 
 
 ひょっとしたら、既に某焼きそば屋さんを筆頭に「重箱の隅ツッツキーズ」に発見されているかもしれませんが(^-^;
 ダブってたらごめんなさい(汗
 
 それにしても、何故この人だけ反応するんでしょうねぇ……謎。
 
 
 
07_1230_003 今年一年、なんとか閉鎖せずに生き残る事ができました。
 これもひとえにカウンターを廻し続けてくださった皆様のお陰です。
 ありがとうございました♪
 
 来年も「細く」「ひっそり」「まったり」と綴ってまいりますので、「思い出した頃に」ペースで遊びにいらしてくださいね(*'ー'*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

久遠は感謝してくれるかな(BlogPet)

きょうは久遠と開催しようかな。
久遠は感謝してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「Snowdrops」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/15

憧れの樹上生活

07_1215_101 今日からホリデーギフトの配布が始まりました。
 全シャードにログインしてみたところ……なんと! 白いレアカラーのカードをゲットしました。

 ……無限なんですが_| ̄|○
 欲しい方いらっしゃったら差し上げます。
 
 
 
 さてさて。
 先日の改装で旧作業場が移転したので、残るトレハン基地兼倉庫を改装する事になりました。
 
 
 
07_1215_001
 
 
 実は、以前から「トム・ソーヤの冒険」に出てくるような「樹の上にある小屋」みたいなカスタマイズができればいいなぁと考えていました。
 部屋として使うのはトレハンRBといくつかのセキュアを置くスペースで十分事足りるわけですし、今回はそんな家を作ってみよう!――と、いつものようにぶっつけ本番でやってみました。
 
 
 ……完成図を見る限り。
 「樹上生活」というより「樹中生活」といったほうが正しいですね(自爆)
 
 まぁ、一応わたしにも「ネタハウス」は建てられるということで(^-^;
 
 
 

07_1215_002

 1Fはちょっとした鍛冶スペースと倉庫です。
 トレハンやサルベージの時には武具など持ち帰ってリサイクルしているので、鍛冶アドオンは必須なのです。
 以前は面倒な手作業でしたが、今は廃品袋があるから便利ですよね♪
 
 
 

07_1215_003

 2Fはいつものようにトレハン&サルベージ基地です。
 秘薬スタチューは、10周年の幸運壷(?)と並べて「神棚」っぽくしてみました。
 何かいいもの出ますように(-人-)ナムナム
 
 
 この物件のカスタマイズはほぼ一年ぶりでした。
 来年はどうなることやら(^-^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/10

ゆめまぼろしの家

07_1210_001 クリックするともっと粗探しできます

 以前手に入れて、土台で長い間放置していた物件をカスタマイズしました。
 ご覧の通り、ジャングルでかなり被りが激しい物件です。
 入手した時から「隠れ家的」カスタマイズプランを練っていましたが、なかなかイメージ通りに表現できなくて、結局1年近く放置していた事になります(自爆)

 用途は「作業場+書斎」。
 部屋を区切るのが苦手なので、配置に苦労しました(^-^;
 外のカウンターは、後々雑貨ベンダーでも立てようかと目論んでいます。
 
 
 

07_1210_002

 1Fには裁縫関連、奥に倉庫的スペースを設けてみました。
 西側の壁に設置したシェルフにはバルクを納めています。

 倉庫スペースにはNPCカラーと思しき布たちがたくさん眠っています。
 本当は分類して北側の壁に整頓したいのですが、如何せん識別が難しい代物なのでなかなか着手できません。近日中に何とかしたいものです(汗
 
 
 
07_1210_003
 
 相変わらずお気に入りの「秘薬スタチュー+ボスから取れるキノコ」の組み合わせです。
 植物もがんがん使い、お店の拡張時にセキュアに仕舞いこんだトリンシック薔薇も復活させてみました。
 
 
 
 
 
07_1210_004
 
 
 鍛冶場は結構シンプルに纏め上げる事ができました。
 ゴザ技を使って、資材やバルクのセキュアをフォージの下に置けたのが大きいです。
 周囲に魔法を使うmobが湧かないのをいい事にかなり開放的に作る事ができました。
 
 
 
 
 
 

07_1210_005

 鍛冶場と同じフロアに書斎兼自室を設けました。
 カーテン使いすぎです。無計画カスタムの賜物ですね♪(マテコラw
 
 蔵書は作者の皆様に公開の許可を戴いてないので、今のところ非公開です。
 
 
 
 

07_1210_006
永遠に客が来ないバー

 屋上にはバーカウンターを装ってセキュアをたくさん設置してます。
 要らない物はどんどんしまっちゃうよ(謎
 
 籠的オブジェはがんばって自作してみました。
 通勤時に通りかかる某デパートに設置してあるものを真似してみました。
 積み上げてデコツールで上げ下げするだけなのでレシピを公開するまでもないとは思いますが、ご要望があればこちらでupします。
 
 
 結構時間がかかりましたが、ようやく「住める」レベルになりました。
 あとは使い勝手を見ながら調整といったところでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ………あ。大事な物をわすれてた。
 
 
 
 
 
 
 

07_1210_007

 とあるオブジェの為に、今更な「Trick or Treat」です。
 いつもならすぐに入手できるのに、欲しい時に限ってなかなかめぐりあえません。
 
 
 
 
 そのオブジェとは……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
07_1210_008 某ライブハウスに佇むマスコット「生足星人」の使用許可が下りた(……よね? ねっ?)ので、材料である生足を確保してきたのでありました。
 まさに「身体を張った芸術」です(爆)
 
 ただ、口パーツがすぐに入手できるものではなかったので本のインクを定着させる赤葉を使ってみたのですが……オリジナルよりキモカワじゃないかっ( ´▽`):∵

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/03

合言葉は『y』

07_1202_001

 劇団チロル様の「ハッピーホリデー公演」を観てきました。
 今回はマラスの劇場ではなくSkara Braeのカウンセラーホールでの上演です。
 21時の公演から通しで観る予定が、都合の為泣く泣く23時の開演にぎりぎり(しゃれにならないくらい本当の話w)駆け込みます。
 
 
07_1202_002
 
 今日の演目は『プレゼント』です。
 ……どこかで観た事があるような。
 
 
 
 記憶にあるお話を「クリスマス」らしくアレンジ、そしてチロルならではのエスプリが加わって違った楽しみがありました。
 
 
 
 
07_1202_005
 
 ミニ公演ということもあって、あっという間に終演となってしまいました。
 最後も息がピッタリ。
 とても綺麗に揃って閉幕となりました。
 
 
 
 
 

07_1202_006

 
 今回も楽しく、そしてちょっぴりほろりとしていい公演でした。
 チロルの皆様、楽しいひとときをありがとうございました♪

 次回の公演は12/16、場所はBritain第二銀行(東側)近くの公園とのことです。
 次も頑張って(できれば二回とも)観劇するぞ~!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 はて?
 今回の『題』の意味がわからない?
 
 
07_1202_004
 
 
 ……生番組(微違)にハプニングはつきものですからね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »