« のんびリニューアル | トップページ | エクセレントな潮風 »

2007/07/02

タイルアートと掘魂

07_0701_004

 内装品店の石机が相変わらず人気です。
 そのため、時間が取れる週末は各地の鉱山でせっせと石切に精を出しています。
 早く花崗岩他がスタックされることを切望している次第です。
 
 
 写真はそんな中、某鉱山の傍で発見した一目瞭然の御宅です。
 なんて素晴しいタイルアートでしょう!(ビフォーアフター風味)
 
 現状は敷地内に足を踏み入れないと内装が見えませんが、例外もあります。
 パプアで見かける竹のような床材、この上に設置された家具やアドオンは敷地外でも認識できるようになっています。
 この御宅も、北西と南西の角にそれぞれパプア床を配置し、その上にフォージを設置されています。

 今ではすっかり「火ゴキ」のお世話になりっぱなしのわたしですが、それでも軒先などにフリーフォージを置いてらっしゃるお家を見かけると嬉しくて使ってしまいます(^-^;
 ましてやこの御宅はフリーフォージの為にわざわざ家1軒所有されてらっしゃるわけです。
 まだまだUOにも「魂」を持った方がいらっしゃるのだと目頭が熱くなった次第です。
 
 
 
 
 まぁ、そんな風で。
 ただでさえ少なくなってきたUO時間の殆どを「採掘」「伐採」「バルク引き」に費やしていますが、とりあえずの生存報告ということで(^-^;

|

« のんびリニューアル | トップページ | エクセレントな潮風 »

コメント

屋根のアートはたまにあるけど、床のアートはめずらしいね
セキュアもったいないって思ってしまう><

投稿: anne | 2007/07/02 08:22

  >あねさん

 ふふふ……オーナーアカウントなら「パッコン(パッキングコンテナ)」というテがあるぢゃないか!
 それこそ普段使わないものを仕舞う倉庫にすれば床アートも思いのままですぞ♪

投稿: 久遠(Quone) | 2007/07/03 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47434/15622789

この記事へのトラックバック一覧です: タイルアートと掘魂:

« のんびリニューアル | トップページ | エクセレントな潮風 »