« 再生、そして破壊 | トップページ | ぢごくからの生還 »

2007/05/03

Le Cirque de Skara Brae

 Skara Braeにサーカス団がやってきたということで、遅ればせながら見物に行ってきました。
 厩舎傍の海上ということだったのでうろうろしてみると……。
 
 
 

07_0503_001

 海の上にリング(舞台の事をサーカスの人々はこう呼んでいるらしい)が設営されていました。
 久しぶりに陸に上がったQuoneなのに、やはり海上生活がデフォなのね_| ̄|○w
 
 
 

07_0503_002

 巷では「愛の蝋燭」に火を灯すのが流行している所為か、はたまた時間的な問題か。
 ほぼ貸切状態です。やったね♪
 
 舞台上のおじお兄さんが、少ない観客にもめげずに必死で盛り上げようとしてくれている様子は泪を誘います。
 クイズに答えるとなにかいいことがあるらしい……ということなので、お兄さんの盛り上げに乗っかる事にしました。
 
 お兄さんの好きな食べ物を、前に並んでるものから選べということです。
 4択です。

 ミリ○ネア?(マテw

 
 
07_0503_003 ブリタニア市民ならば、選択すべき「答え」はたったのひとつ。
 そう、アレですよ、アレ。
 それを選んで答えた瞬間……。
 
 
 壇上に上げられちゃったよ。
 でも、何も芸デキナイヨ?(汗
 
 
 
 
07_0503_004
 でも、せっかくなので。
 綱渡りに挑戦してみるQuoneでした。
 張り方が緩いのか、歩を進めるごとにびょんびょんと揺れまくりです。
 
 こわかった(*つωT)
 
 
 
 
 
 調子に乗って往復してるうちに、北西の小部屋に扉があるのを見つけちゃいました。
 開けてみると、目の前は海です。
 
 
 

07_0503_005

 おそるべしパブロフQuone(自爆w
 
 
 それにしても、何故にこんなところに非常口を設けてるんでしょうね?
 搬出口?
 
 
 
 
 
07_0503_006
 お出かけしたついでに、先日無事奪還された「真実の本」も見物です。
 
 MoonglowのテレポーターからLyceaumに飛んで、エルフ転生クエストの口上の長いおぢちゃんの脇をすり抜けたところに専用のテレポーターがありました。
 
 
 
 
07_0503_007
 薄暗い地下に部屋がしつらえてあり、真実の本はその片隅に安置されていました。
 もう二度とあんな騒動が無いようにしてほしいものですね(^-^;
 
 因みに解読を試みてみましたが、凡人のわたしには内容をうかがい知る事は敵いませんでした(苦笑)
 
 
 

07_0503_008

 真実の本が安置されている部屋の奥には、小部屋が並んだ通路がありました。
 ベッドが置かれているところを見ると、修行者の為の宿泊所のようです。

 けど、こんなに安普請なのはちょっといただけません。
 魔術の心得のある冒険者が集まってearthquakeの呪文を唱えたら崩落しそう(汗
 
 
07_0503_009
 ところで。
 この通路、途中で行き止まりかと思いきや……扉があるではありませんか。

 
 どこかに繋がってたりしたらどうしよう♪(←マテw)とわくわくしながら近づいてみたのですが…………。
 
 
 
 
 
07_0503_010
 フェイクでしたよ( ´▽`):∵
 透明の扉はどう足掻いても開けられません。
 
 でも、何時の日か繋がるときが来るかもしれない。
 そのときにすぐに思い出せるようにしておきたいものです。

|

« 再生、そして破壊 | トップページ | ぢごくからの生還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47434/14941751

この記事へのトラックバック一覧です: Le Cirque de Skara Brae:

« 再生、そして破壊 | トップページ | ぢごくからの生還 »